誰もが治安のわるいところには住みたくないですよね。

私が生まれた「大阪」は残念ながら、あまり治安がよろしくないところが多かったですね・・・
ひったくり防止のために、自転車のかごには当たり前のようにカバーが付けられていたり。

もちろん35年以上前のはなしです。
時々行くのですが、今は街の雰囲気もがらっと変わって、時代を経て改善されているようでした。

治安のよろしくないところの特徴としてよく言われるのが、落書きがそこらじゅうにあったり、〇〇注意!なんて注意喚起の看板があったり、ポイ捨てが多かったり。

逆に、公衆トイレや自販機、公園自然がなかったり、警察や小学校などが遠かったり・・・なんてことは良く言われていることですが、松本市に住んでいるとあまり感じないようなことばかりですよね。

城下町らしいデザインの松本市内の公衆トイレ

お引越し先のことが気になったりするのは当然ですが、大事なのはその地域に溶け込んでいこうという一人一人の意識なのかなと思います。

特定の方同士でもめていて、人が変わると収まったなんてこともよくある話です。
お聞きすると、意外に小さなことがきっかけで関係が悪化していることが多いですね。

まずはしっかりご挨拶ってところでしょうか!いってらしゃい!